【最初に読むべき】いえづくりの進め方

いえづくりの進め方

いっつー
いっつー

そろそろマイホームが欲しいけど、色々と決めないといけない事が多すぎて、

何から手をつければいいのやら・・・

ふゆ
ふゆ

大半の人が初めてのマイホーム計画だから、右も左も分からないよね。

いっつー
いっつー

だけど一生に一度のマイホームだから、絶対に失敗はしたくない!

ふゆ
ふゆ

失敗を防ぐためにもまずはどういう順序で進めていけば良いか見ていこう!

マイホーム計画には「土地、ハウスメーカー・施工店、銀行、予算、仕様」など決めないといけない事が多々あります。お施主様が知識をつけていく事はもちろん必要ですが、この記事ではまずは失敗が少なくなるような基本的な「いえづくりの進め方」についてご紹介していきます。

結論

おおまかなな進め方の結論からお伝えすると

「資金計画」⇒「ハウスメーカー・工務店選び」⇒「土地選び」⇒「契約」

がベストな流れかと思います。

何故この流れがベストなのかといったお話をさせていただきます。

①資金計画について

お金を制するものはいえづくりを制する

いっつー
いっつー

夢のマイホーム、、、いきなり「お金」という現実を考えないといけないの?

ふゆ
ふゆ

いきなりお金の事を考えるのは夢がないかもしれないけど、

避けては通れない問題なのも事実よ。

何故「資金計画」から考えないといけないか見ていこう!

いえづくりは、色々と決めなければいけない事が多い中で、それぞれのバランスをより自分の理想に近づけられるかが失敗しないコツだと思います。

いえづくりが進むにつれて、「こういう風にしたい!」「こんなキッチンが良い!」などと色々と妄想が膨らむ中、予定外の支出や予算を見ていなかったことで資金不足となり、泣く泣く計画変更や仕様変更するのは嫌ですよね。

そのような失敗を防ぐという意味からも最初に「資金計画」を作ることをお勧めします。

資金計画に最初に着手する事でのメリット

・自分たちが使える予算を明確にし、いえづくりにかかる支出の項目が把握できる

・総予算から土地や家にかけるお金のバランスを指針として、土地選び・施工店選びができる

いっつー
いっつー

いきなり資金計画なんて言われても、誰に作ってもらえばいいんだよー

ふゆ
ふゆ

それは「自分で作るのよ!」

作り方は違う記事で紹介するので、ここでは流れだけ頭に入れてもらえばOKよ。

とりあえずはそれぞれのメリットを深堀していくわね。

自分たちが使える予算を明確にし、いえづくりにかかる支出の項目が把握できる

実際にマイホームを作るとなると大まかに分けても「土地購入費・建築費・諸経費」が支出としてあげられ、その中でも細分化できます。今後、計画を進めていき、漏れている項目や予算取りとして不十分な項目がないかどうかの判断をする際にも、まずは各項目を把握する事は大切になります。

総予算から土地や家にかけるお金のバランスを指針として、土地選び・施工店選びができる

冒頭でもお話しましたが、いえづくりは「土地はどこにするか」「施工店はどこにするか」「どのようなグレードの家にするか」など慣れない事を数多く決めないといけない、決断の連続です。

その中で判断材料の1つとして、どこにどの程度のお金をかけるかという指標を持っておくことは、失敗しない「いえづくり」には欠かせない事になります。

②ハウスメーカー・工務店(以下施工店)選びについて

いっつー
いっつー

資金計画を作ったら、まずは土地を探すんじゃないの・・・?

建てる場所も決まってないのに施工店を決めるなんて大丈夫なの?

ふゆ
ふゆ

もちろんこれにも色々な理由があるけど、まずは施工店を決めることをお勧めするわ

何故土地よりも先に施工店を選ぶのか

土地と建物とは本来別個で購入しますが、お互いに切っても切れない相互関係にあります。

もちろん間取りなどの基本的な計画にも影響しますし、支出部分などにも大きく影響します。

専門的な知識をお持ちの方の場合は、ある程度は予測できる部分もあるかと思いますが、基本的に新し

く家を建てるといった経験がない場合は、施工店と一緒に土地を決めていくという感覚が大事になって

くるかと思います。

施工店を選定しておくメリット

・土地の選定の際にプロの意見を取り込める

・土地の売買の際にスピーディーに契約まで交わせるので、売買競争に勝ちやすい

土地の選定の際にプロの意見を取り込める

土地には専門的な目線じゃないと見えない部分が数多くあります。

そして購入して、何もせずにそのまま住める土地と住めない土地があります。

具体的な例を多少挙げると「インフラ設備は十分か・著しく地盤が弱くないか・擁壁等のやり替えは必要ないか」

そういった部分は工事費として支出に直結してきますので、土地選びの際に専門家の意見を取り入れられるのは非常に有益かと思います。

土地の売買の際にスピーディーに契約まで交わせるので、売買競争に勝ちやすい

これは土地をこれから購入するという人向けにはなりますが、私自身が不動産業界との関係が深い業種にいますので、土地の売買スピードはすごい早いというのは身をもって体感しています。

正しくお伝えすると「良い条件の土地はすぐ決まってしまう」という事です。

あまり細かい話をすると長くなりますが、基本的に優良な物件は一般購入者に情報が入る前に建売業者や住宅ディベロッパーに買い占められてしまう現状にあります。

そこからこぼれてくる物件がSUUMOなどの住宅情報サイトに掲載される事になります。

ですので、ただでさえ少ない優良な土地を買い付け証明書から売買契約までの期間は極力短くすることで逃さないために必要になります。

売買契約には一般的に銀行の仮審査が必要になり、審査には資金計画書や施工店の見積りや基本設計などが必要になります。

そのような観点からも事前に施工店が決まっている事は有利に働く事が多いと思います。

施工店から決める際の注意点

施工店を決める際は大手ハウスメーカー、あるいはある程度自分が建てようと思っているエリアの工務店をお勧めします。

色々な雑誌で施工店の紹介をしていますが、県外など遠くなってしまうと交通費などの諸経費が余分にかかってきてしまい、トータルの建築費が上がってしまいます。

まとめ

今回は基本的ないえづくりの進め方についてご説明しました。

各項目の細かい部分などは今後の記事にて触れていきますので、

まずは「こんな流れで進めていけばいいのね」と認識してもらえると良いかと思います。

ふゆ
ふゆ

今回は基本的な流れを説明したけど、どうだったかな?

いっつー
いっつー

基本的な流れは分かったけど、それぞれの具体的なコツや詳しい話も聞きたいな

ふゆ
ふゆ

今後の記事で色々なところについて話していくから徐々に理解していこう!

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました